サイトマップ
HOME > >ジャンパーの基本技

ジャンパーの基本技

ベーシックジャンプ

これはステップの基本です。両足をそろえてジャンプし、両足をそろえて着地します。肩の力を抜いて、軽くジャンプしましょう。連続して10回跳べれば、次にチャレンジ!
注意点:あまり高く飛び過ぎないように。

ランニング

駆け足跳びです。左右の足で交互に着地します。着地位置が前後左右にずれず、常に同じ位置でランニングするように心がけます。ロープの回転がゆっくりだと逆に跳びにくいので、ベーシックジャンプよりも速めにロープを回してもらうといいです。

スピード

ランニングをスピードアップさせたトリック。ターニングの速度を上げるため、ターナーは腰を落とした前傾姿勢で、手首を使ってターニングします。一方のジャンパーも姿勢を低くし、あまり足を高く上げずにランニングします。ロープの円をいかに小さくしながら回し、かつそれをジャンプするかがポイント。

☆ポイント☆
一気にスピードを上げると難しいので、最初のうちは徐々にロープの回転を速くして練習するといいです。競技では2分間のうちに、ライセンス試験では1分間のうちに何回跳べるかが審査されるので、自分達で記録を計ってみましょう。

ワンフット

ケンケンの要領で、片方の足でジャンプします。右足で2回跳んだら、次は左足で2回跳ぶという動作を繰り返します。上手くできない場合は、回数を気にせずに片足だけで跳ぶ練習からやってみるといいかもしれません。

サイドストラドル

足じゃんけんの「グー」「パー」跳びの要領で、足を閉じて着地したら次は足を開いて着地する動作を繰り返します。力まずにロープの動きをよく見てジャンプすると上手くいきます。

フォーワードストラドル

足じゃんけんの「グー」「チョキ」跳びの要領で、足を閉じて着地したら次は足を前後に開いて着地する動作を繰り返します。「右足を前に出して着地(左足は後ろ)→ジャンプ→両足をそろえて着地→ジャンプ→左足を前に出して着地(右足は後ろ)→ジャンプ→両足をそろえて着地」といった具合に跳びます。

クロスフット

「ジャンプ→足を交差させて着地→ジャンプ→足を開いて着地」という動作を繰り返します。慌てると足を交差させる時に、足同士がぶつかったり絡まったりしますので落ち着いてチャレンジしましょう。最初のうちはロープをゆっくり回してもらうといいです。

トゥタッチ

片方の足を後ろに下げ、つま先で着地します(もう片方の足は普通に着地)。

ヒールタッチ

片方の足を前に出し、かかとで着地します(もう片方の足は普通に着地)。

スイングキック

片足を大きく振りながら、もう片方の足で着地します。右足を振ったら今度は左足、という要領で交互に繰り返します。バランスを崩さないように注意してチャレンジしましょう。