サイトマップ
HOME > >ダブルダッチのロープの回し方

ダブルダッチのロープの回し方

ターナーの基本(ロープを回す人)

ダブルダッチでは、ロープを回すターナーが2人必要です。派手なパフォーマンスを見せるジャンパーに目がいきがちですが、ロープを回すターナーがいないことにはどんな華麗な演技も行えません。

ターナーは一見簡単そうに見えますが、2人で呼吸を合わせて2本のロープを正確に回すにはコツがいります。といっても基本をきちんと習得すれば、それほど難しいものではありません。まずは基本をしっかりマスターして、様々なテクニックを身につけましょう。

ロープを正しく握る

ロープを回す役目をするターナーにも様々な技がありますが、それらをマスターするにはまず基本的なテクニックを身につける必要があります。基本的なテクニックとは、一定のスピードで規則正しいリズムで2本のロープを回し続けること。きれいな弧を描くようにロープを回すのは、初心者にとって意外に難しいものです。
そこでまず、正しいロープの握り方を紹介します。

1、端を玉結びする

まずは2本のロープの長さをそろえ、それぞれの端を一結びして玉を作ります。
これはロープを回した際に、手からすっぽ抜けるのを防ぐための措置です。

2、持ち方

結び玉を手のひらの外側(小指側の面)に引っ掛ける感じで、軽くロープを握ります。この時、あまりロープを余らせて握ると、ロープが絡んでしまいます。また結び玉を手の中に握ってしまうと、ロープがすっぽ抜けてしまう場合があります。
結び玉が手のひらから少しこぼれる位置で、ロープを握るようにしましょう。

相手のターナーと正しい距離を保つ

2人でロープを回す時には、相手のターナーとの距離も大切になってきます。離れすぎても近すぎてもロープを上手く回すことができません。適切な距離を取りましょう。

目安としては、腕を垂らした時にロープの中央が地面に軽く触れる程度です。
ロープが地面に触れていない場合は、お互いが離れすぎなので少し近づくように。
またロープが地面に触れ過ぎている場合は、お互いが近すぎるので少し離れましょう。

正しく腕を動かす

いきなりロープを回そうとしても、最初は上手くいきません。きれいにロープを回すためには、腕の動かし方が重要なのです。最初はロープを持たずに、正しい腕の回し方をマスターしましょう。

1、ひじの位置について

ロープを回す時のひじの位置を確認します。ひじが体にくっついていたり、体から離れすぎていると、ロープを規則正しく回すことはできません。

両こぶしをおへその前で合わせてみましょう。するとひじと体の間に、こぶし一つ分ぐらいの空間ができるはずです。それがひじの正しい位置なので、その位置をしっかり覚えておいてください。そしてロープを回す時に、ひじを動かさないようにすることがポイントです。

2、腕を回す

ひじを固定して、体の前で円を描くように腕を回します。この時、ひじが左右にぶれたり、前後に動いたりしてはいけません。ひじの位置を保ちながら腕を回します。

回す時には、左右の腕を半周ずつずらしながら回します。つまり左腕が上に来た時には、右腕が舌の位置にあるように回すのです。
また両こぶしが、おへその前を通るように回すようにしましょう。

☆ポイント☆

ひじを中心にして、こぶしで正確な円を描くように腕を回すと上手くいきます。
両こぶしが、体の中心ライン(おへそが目安)を超えないように回します。
手首を回転させない。親指が常に上の位置にあることを意識する。

実際にロープを回してみよう

「ロープの持ち方」、「相手との距離感」、「腕の動かし方」を身につけたら、実際にロープを回してみましょう。上記の3つを正しくマスターしていても、相手のターナーとの呼吸が合わなければ、ロープは上手く回りません。
まずは以下のような手順でロープを回してみましょう。

1、2本のロープのどちらから回すかを決定する。
2、「せーの」と掛け声を出してロープを回し始める。
3、最初に動かしたロープが上の位置に来た時、もう片方のロープを回し始める。
4、「1、2、1、2」と声を出し、相手とリズムを合わせながらロープを回す。
5、ターニングのスピードは、1秒に1回転を目安にする。

☆ポイント☆

・ロープがきれいな弧を描いているか。
・片方のロープが上にある時、もう片方のロープは床をたたいているか。
・規則正しいリズムでロープが床をたたいているか → 音が一定ならOK。

▽チェック▽

1、ロープがぶつかってしまう場合

→腕の回し方に問題があります。
ロープを回すときに、こぶしが体の中心ライン(おへその部分)を超えてしまうと、ロープがぶつかってしまいます。
ロープを回すことに夢中になって、腕の回し方の基本を忘れないように。ひじの位置を一定に保ち、正確な円を描くように注意しましょう。

2、ロープが波打ってしまう場合

→これはターナー同士のタイミングがずれているからです。お互いに声を掛け合って、リズムを取るようにしてみましょう。

3、ロープが床をたたく音が不規則な場合

→2本のロープが半周ずれた状態で回っていないからです。利き腕の方が速く回転してしまうなど、2つのロープのスピードに差があると回転のタイミングが狂ってしまいます。
これもお互いに声を掛け合って、リズムを取るようにしてみましょう。

☆ポイント☆

・どうしても上手くロープを回せない場合は、まず1本のロープで練習しよう。
・上手な人とペアを組んで練習するのも、上達のコツです。

レベルアップ!チャレンジしてみましょう。

規則正しく一定のリズムでターニングできるようになったら、少し難易度を上げてみます。

STEP1:ロープを回す速度を上げていく。
STEP2:速度を上げたり下げたり、スピードに変化をつけてロープを回す。

トリックによっては、ロープを速く回したり、ゆっくり回したりする必要があります。速くターニングさせる「スピード」などの場合では、手首を使ってロープを回します。
またプッシュアップやグラスホッパーなどでは、ゆっくり大きくターニングしなければなりません。この場合は股を大きく開き、体を左右に振るようにしながら、体全体を使ってターニングをしましょう。

*ターナーはただロープを回すだけでなく、ジャンパーが気持ちよく跳べるよう心がけることが大切です。ジャンパーが気持ちよく跳びやすいターニングを常に意識することが、上達の秘訣でもあります。