サイトマップ
HOME > >ダブルダッチの歴史

ダブルダッチの歴史

ダブルダッチはこうして生まれた!歴史を知る

ダブルダッチの歴史は、今から300年以上も昔に現在のニューヨークに入植してきたオランダ人によってアメリカに持ち込まれたことから始まりました。

子供達が2本のロープを使って遊んでいるのを見て、『DOUBLE DUTCH』と名付けたのです。ダブルダッチという言葉はイギリス人が使う俗語で、オランダ人がおかしな真似をした際などに用いられるそうです。2本のロープがあれば手軽に遊べることから、ダブルダッチは子供達の間で広がっていきました。

その後、急激な都市部の発達などにより、ダブルダッチは衰退していきますが、1973年に本格的なルールが制定され、ダブルダッチは正式なスポーツとして生まれ変わり、翌1974年には第1回大会が行われ、世界に普及していきました。

このような歴史があり、日本でも1996年に日本ダブルダッチ協会(JDDA)が発足し、最近では新聞やニュースなどにも取り上げられるようになっています。

メンバーとチームの構成

ダブルダッチは、縄を回す2人の「ターナー」と、縄を飛ぶ「ジャンパー」によって構成されます。大勢で競技を行うこともありますが、基本的にはターナー2人&ジャンパー1人のシングルスか、ターナー2人&ジャンパー2人のダブルスになります。

競技種目について

ダブルダッチの競技種目には、『規定』『スピード』『フリースタイル』『フュージョン』の4種類があります。

詳しくはこちら競技種目について